人間ドックの費用を少しでも安く受けるための方法

国民健康保険で補助金を得る

人間ドックは基本的に任意の検査になりますから、検査費用に関しては自費となり、ある程度の費用がかかってきます。しかし、もしも国民健康保険に加入していて、これまで滞納などがなければ、人間ドックの補助金、もしくは助成金が市区町村から出る場合あります。申請することができるのは、年に1回となっており、どのくらいの補助金が出るかは各市区町村でことなってきます。また、対象年齢に制限あることがあるので、事前に市区町村の役場などに確認しておく必要があります。

社会保険から補助を受ける

もし、普通に会社に勤めている場合は、社会保険に加入していることがほとんどです。この社会保険でも人間ドックの補助を受けることができます。社会保険の人間ドックの補助についても、基本的には年に1回と定められていることが多く、健康保険組合の場合は、どの組合に所属しているかによって、内容が変わってきます。また、通常は指定医療機関が決められていて、それ以外の医療機関で人間ドックを受けることはできないことになっています。

生命保険から補助を受ける

病気や当然の死に備えて生命保険に加入している人も多いですが、民間の生命保険に加入している場合は、保険料の控除だけではなく、人間ドックの割引サービスを受ける場合があります。割引サービスを受けることができるかどうかは、どの生命保険会社と契約しているのかということや保険の種類によっても違うので、事前に確認しておくとよいでしょう。自宅に契約書があれば、記載がないかどうかを調べることで、割引サービスを受けることができるかどうかを確認することができるでしょう。

人間ドックを横浜で行うことで、設備が充実しているクリニックを選択でき、より質の高い検査が受けられます。