在宅ワークでプチ稼ぎ!プチでも確定申告は必要?

在宅ワークデビュー!でも、その前に

子育てや家事に忙しい主婦にとって、スキマ時間を活用できる在宅ワークはとても魅力的ですね。最近では、アンケート回答やライティング、データ処理など、いろいろなお仕事があり、自分の得意分野や経験を活かして選ぶことができるようになってきました。でも、お仕事をして報酬を得るということは、そこに税金が発生するということ。お小遣い程度の金額でも、一定額以上になれば確定申告をして、税金を払う必要があります。では、いくらから確定申告が必要なのでしょうか。

所得税支払いのボーダーは年間38万円

在宅ワークの場合、給与として報酬を得ているのかどうかで変わってきますが、アンケート回答やライティングなどのお仕事の場合は、「1件あたり○○円」のような、仕事単位で報酬を得るかたちが多いと思います。この場合、年間38万円を超える利益があれば、確定申告をして所得税を払わなければなりません。38万円というと、月あたり3万円ちょっと。超えるか超えないかの微妙な金額になりますね。この金額を超えなければ、確定申告をする必要はありませんから、面倒だなと感じる方は意識しておくといいでしょう。

オーバーしちゃった!そんな時はここをチェック!

「確定申告は面倒だし、38万円以内で抑えよう。」と思っていたのに、思いもよらずオーバーしてしまった。そんな場合でも、確定申告しないでいい場合があります。それは報酬を得るのにかかった経費を引いていいという特例を利用することです。例えば、パソコン経由でのお仕事の場合、ブロバイダなどのパソコン関連の費用を報酬から引いて、38万円ならセーフというわけです。ただし、これは報酬を得ている会社が1社のみであること、プライベートでも使っているパソコンの費用ならお仕事分の費用のみ、などの条件がありますから、そこは確認しておいてくださいね。また、在宅ワークの報酬には、住民税の支払いも生じます。こちらは自治体により金額が違うようですので、市役所などに問い合わせてみることをおススメします。

確定申告とは1年間の所得税と住民税を確定するために税務署に申告することで、納めすぎた税金を返してもらうことができます。